ウォータードレーン推進工法

地下水位の低下が期待できるドレーン管(特殊集排水管)を

​地下に非開削で設置する”ウォータードレーン推進工法”

スクリーンショット 2020-10-03 16.22.59.png
スクリーンショット 2020-10-03 16.19.36.png

ウォータードレーン推進工法の特徴

1. 環境に優しい

​ドレーン材は線状にしたポリプロピレンをポーラス状に成形。接着剤を使わず相互融着しているため、有害物質が溶出する心配がありません。

2. 半永久的

​ドレーン管は全面で集水するため、集水能力が高く、目詰まりの発生がしにくい。酸性・アルカリ・腐食に強く、半永久的に使用が可能です。

3. 優れた施工性(低予算)

開削工事の必要性がなく、工事中の振動や騒音が少ないため、周りの生活環境への影響が少なく、工期も短縮されます。

◆各種公共工事でのメリット

  • 工事中の振動、騒音が少ない

  • 暗渠集排水工事

  • 構造物付近の集排水工事

  • 道路占用面積が狭く一般交通への影響が少ない

  • 既設地中埋設物や隣接した建物への影響を減少できる

◆その他

ドレーン管は、繊維状のポリプロピレンをポーラス状に形成した立体網目構造の暗渠集排水管であり、特徴は以下のとおりとなっております。

  1. 樹脂製有孔管に比べて開孔率、空隙率が非常に大きいため、集水性能が優れている。

  2. 万一、目詰まりした場合は、管内部から高圧洗浄することで目詰まりのメンテナンスができる。

  3. ​高深度の推進が可能

ウォータードレーン推進工法の施工手順

スクリーンショット 2020-10-04 10.14.12.png
スクリーンショット 2020-10-04 10.11.27.png

土被り3m以上の位置に推進用鋼管を布設していきます。

スクリーンショット 2020-10-04 10.12.52.png

推進用鋼管の布設完了

スクリーンショット 2020-10-04 10.13.29.png

ドレーン管を発信側から押し、到達立抗より推進用鋼管を回収します。

​ドレーン管の布設完了

ウォータードレーン推進工法の構成

スクリーンショット 2021-03-07 18.36.45.png
スクリーンショット 2020-10-04 15.43.04.png

先導体

推進用鋼管.png

推進用鋼管

推進用鋼管.png

有孔鋼管

ドレーン材・不織布.png

200mmドレーン材​・不織布

ドレーン材.png

ドレーン材

ドレーン材ジョイント.png

ドレーン材ジョイント